『クールジャパン・マッチングアワード 2022』とは、
日本の魅力を掘り下げ、幅広い分野や地域が連携する取組の世界展開を支援する
クールジャパン機構が、先進的なクールジャパンの取組を表彰するものです。

  • 賞名:

    準グランプリ

  • 取組名:

    「フィルミネーション」

  • 主体企業:

    フィルミネーション株式会社

  • 連携先企業:

    田辺・弁慶映画祭、風楽創作事務所、株式会社 16bit.
    株式会社 ファンファーレ・ジャパン、株式会社スポッテッドプロダクションズ
    AMGエンタテインメント、名古屋テレビ放送株式会社

※「クールジャパン・マッチングアワード2022」の
詳細に関しては こちら

受賞式典

審査員のコメント

  • 梅澤 高明様 (審査員コメント)
    A.T.カーニー 日本法人会長/CIC Japan会長

    海外配信事業者に対して日本映画をオンラインで販売するプラットフォーム。日本を題材とした映像作品を海外で流通させることは、「ロスト・イン・トランスレーション」の例からも明らかな通り、日本のプロモーションに極めて有効です。契約手続きを簡素化し、1年間で100以上の事業者に対して300作品の販売を実現したという実績を高く評価し、準グランプリに選定しました。

受賞のコメント

  • 金丸 洋明
    金丸 洋明
    フィルミネーション代表取締役

    フィルミネーションは、ITを使って、より多くの日本映画を世界に届けることを目標としております。 勿論ビジネスとしてやっておりますが、関係者の多くが海外居住経験者で、今の日本をなんとかしたいという『志』をもって活動しております。 今回、この賞をいただけたことを、スタッフ一同で喜んでいます。 ありがとうございました。

  • 田辺弁慶映画祭実行委員
    中田 吉昭様
    田辺弁慶映画祭実行委員長

    田辺・弁慶映画祭は、プロの映画クリエーターを発掘するために15年前にスタートし、商業映画の監督として活躍する人材を多く輩出してきました。2年前から、フィルミネーションと連携して、弁慶映画祭の作品を海外に紹介することが可能となり、今後は、海外に飛躍する監督を輩出できるよう頑張っていきたいと思います。

  • 田中 幸夫様
    田中 幸夫様
    映画監督:風楽創作事務所代表

    2年前に突然お声掛け頂き、現在、5作品が海外配信されている。 担当のT女史は、「つなぐ」ことの重要性を何よりも理解していた。 アナログ人間の私にも懇切丁寧な助言を惜しまなかった。 「人が生きる+人と生きる」をテーマに映像制作を続ける私にとって、 フィルミネーションは今では大切な仲間の一人になった。

  • 株式会社 16bit.
    松上 元太様
    株式会社 16bit.代表取締役

    この度は「クールジャパン・マッチングアワード2022」準グランプリの受賞、おめでとうございます。 弊社製作作品『JKエレジー』も、フィルミネーションを通じて様々な国の観客に届けられたことを嬉しく思います。 これからも良質な日本映画を多くの国々に届けられるよう、微力ながら応援しています。

  • ファンファーレ・ジャパン
    神山 繁様
    映画プロデューサー/ファンファーレ・ジャパン取締役プロデューサー

    私たちはローカルエンタメの可能性を基本テーマに沖縄で映画製作しています。 担当の方も我が事のように僕らの映画を理解してくれて…小さい沖縄で創られた映画がフィルミネーションを通して世界へ… ローカルエンタメの可能性を本気で感じられ創作意欲に満ち溢れています! ありがとうございます&おめでとうございます!

  • AMGエンタテインメント
    林 信仁様
    AMGエンタテインメント

    この度は、「クールジャパン・マッチングアワード2022」受賞、誠におめでとうございます。 フィルミネーション様のネットワークを活用させて頂くことにより、より海外ライセンスの機会を広げることができました。 今後、ますます日本コンテンツを海外に広げていけるよう、一緒に頑張りましょう。

  • 名古屋テレビ様

    「クールジャパン・マッチングアワード2022」受賞おめでとうございます。(メ~テレ)