フィルミネーション、台湾発LGBTQコンテンツ専門VODのGagaOOLalaに
野本梢監督『私は渦の底から』など日本映画3作品を提供

21.05.07

日本映画を海外のVOD会社に販売するフィルミネーション株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:金丸洋明、以下フィルミネーション)は、台湾発のLGBTQコンテンツ専門VODサービスGagaOOLala(ガガウララ)に日本映画3作品を提供いたしました。

GagaOOLalaは、LGBTQをテーマとするコンテンツに特化した台湾発のVODサービスで、約28万人の会員を擁し、1,000本以上の作品が配信されています。2017年1月の開始以来、アジア圏でサービスを提供してきましたが、行政法人文化内容策進院(TAICCA: Taiwan Creative Content Agency)の助成を受け、2020年5月からは全世界でのサービス展開を開始しています。

GagaOOLalaでは現在、第24回レズビアン&ゲイ映画祭でグランプリ、第10回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞を受賞した野本梢監督『私は渦の底から』など3作品が配信中・配信予定です。

『私は渦の底から』©Kozue Nomoto

海外VOD市場ではインディーズ作品や映画祭上映作品などの「ニッチジャンル」を専門とするサービスが台頭しており、この新潮流は豊富な映画コンテンツを保有する日本の映画会社および映画製作者にとって海外展開の追い風となっています。

フィルミネーションは、今後も魅力ある日本映画の発掘と海外展開の支援によって、日本の映画産業発展に貢献してまいります。

配信作品

・『少女邂逅』枝優花監督(4月1日より配信開始)

学校で孤立する少女と転校生との交流を描いた本作はMOOSIC LAB 2017で観客賞を受賞し、インディーズながら9週間のロングランを記録。第42回香港国際映画祭と第21回上海国際映画祭の国際上映でも好評を博した。

・『私は渦の底から』野本梢監督(5月7日より配信開始)

同性の親友に想いを寄せる女性の葛藤と決断を描いた短編作品。第24回レズビアン&ゲイ映画祭でグランプリ、第10回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞を受賞した。

・『性別が、ない! インターセックス漫画家のクィアな日々』渡辺正悟監督(5月19日より配信開始)

セクシュアル・マイノリティの漫画家とそのアシスタントである青年との交流を描いたドキュメンタリー。台湾国際クィア映画祭招待作品。

フィルミネーション株式会社 概要
フィルミネーション株式会社は、日本映画にひかりをあてることをコンセプトに発足した、日本初の海外のVODに映画を販売するための専門商社です。日本で劇場未公開、販売されていないもの含め、日本のあらゆる映画を海外に販売することを目的としています。

会社名:フィルミネーション株式会社
代表者:金丸洋明
所在地:神奈川県横浜市
設立:2019年1月
お問い合わせ:https://filmination.jp/ja/contact.html

GagaOOLala運営会社 概要

会社名:PORTICO MEDIA CO., LTD
代表者:Jay Lin
所在地:台北市
設⽴: 2005年
URL: https://www.gagaoolala.com/