『フィルミネーション賞』受賞作品の発表 / JAPAN CUTS Hollywood

19.11.02

短編部門:歩く魚 / The Walking Fish

芸術性の高い作品で次回作がもっとも期待できる監督として選出いたしました。
細部にまで行き渡った独特な構図や演出が、言葉で表されない生物の進化の妙を表現し、奇妙であるのにどこか美しい世界観で見た人の心を驚かせることに成功している。
また日本の役者そして舞台である日本の佐賀県を、日本人ではない監督が描くことで、日本の魅力が新しい視点として切り取られている。是非世界中の人に見てもらいたい。

長編部門:あなたにふさわしい / Suitable for You

脚本がすばらしい。現代の夫婦のあり方を、なかなか解釈できない、答えをみいだせない繊細な感情を文学的にもエンタメ的にも魅力的に描かれている。
夫婦同士の存在意義をテーマにし、知性も感性も他の生物より優れた人間であるがゆえにいかに他人同士である二人が、夫婦としてあるべきかを巧みな会話劇で上手く表現されている。
女性が結婚を通して抱えている自分だけで収めてします小さな闇を巧みな脚本構成とテンポの良さで、観客の興味を最後まで引きつけている。夫婦の問題への答えとも言える感情を鮮やかに描き、映画ならではの味わいとなっている。次回作に期待を込めて選出いたしました。

フィルミネーション賞
フィルミネーション賞は、才能のある映画監督やクリエイターたちが世界へ飛躍していくことと支援を目的に、日本のより良いコンテンツを世界へ広めるをコンセプトにしたフィルミネーションにより設置いたしました。世界で活躍できる可能性のある映画クリエイターであり、また世界中の多くの人に見てもらいたい優秀な短編・長編の作品を選出いたします。受賞作品はフィルミネーションが世界各国の SVOD へ販売いたします。